3.22 福徳神社

職場から最寄駅、新日本橋駅までの帰り道、日本橋室町のビルの谷間に小さな神社があります。普段は何気なく通り過ぎるところですが、週末で少し余裕があったのと、ライトアップが奇麗だったので、スマホで撮ってみました(*^^)v
画像
武蔵野の村落だった福徳村が由来の、福徳神社(芽吹稲荷)は五穀豊穣の神様、倉稲魂命(うかのみたまのみこと)を祀っています。
画像
創建は平安時代の貞観年間(清和天皇・859~876年)で、徳川家康も参詣したことがあり、二代将軍秀忠が慶長19年(1614)の正月に参詣の折、鳥居に若芽が萌え出たのを見て、「芽吹神社」と命名したそうです。
画像
“福徳”という名前からか、宝くじを買ってからこの神社にお参りするといいらしく、宝くじを保管する“宝袋(たからぶくろ) ”なども売っています。
画像
境内の木やお札までライトアップされていますね!
画像
画像
画像
画像
道路にはプロジェクション・マッピングが施されていて綺麗です。
画像
日本橋室町は三越本店をはじめ、旧・三井財閥の本拠地で、三井不動産を主体とした開発で大型ビルが次々と建設されています。 さあ、いよいよお花見の季節ですねぇ~ヽ(^o^)丿





にほんブログ村 その他趣味ブログ 船・船舶へ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック